簡単に減量した時の注意点

簡単に減量を行うときの方法として選ばれやすい、食事制限による減量を行う際の注意点にはどんなことがあるでしょうか。

減量は、食べる量を減らすだけでもそこそこ達成することができます。

しかし、極端な食事制限はリバウンドの原因になってしまいます。

いきなり食事の量を減らすと、体は緊急事態と認識して体をその状況に合わせようとします。

ただ減量を達成したいのであれば、カロリーの摂取量を減らすだけでも十分に効果的です。

つまりは、それだけ早く停滞期を迎えることにもなります。

簡単に減量した時の注意点

簡単に減量を成功させようとする人は短い期間でダイエットを終わらせてしまいたいため、停滞期に入ったことで減量を切り上げることが多いようです。

減量を成功させるために大事なのはダイエットの停滞期以降です。

新陳代謝が滞っている停滞期に減量を終わらせると、消費カロリーが減っている状態で食事量を戻すことになるため、余剰カロリーが依然より増えてしまいます。

その結果、ダイエット前以上の体重に増加してしまうという、リバウンド減少が起こるわけです。

ダイエットを短期で済ませる時は、リバウンドの可能性がつきものです。

短期間でダイエットをすることは、決して簡単な減量にはなりません。

また、停滞期に入ったからと減量を終了することはやめておきましょう。

記事メニュー

  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 更新:2018/11/29